どういう仕組なの?ビットコインの構造とは

ビットコインは仮想通貨

ビットコインは今話題の仮想通貨であって、普通のお金とはチョット違います。物理的な商品ではなくデータの販売を行っているのです。現金化するときはビットコインのウォレットを使用する仕組みになります。

入金や出金するときはセキュリティによる電子署名が付加されているのも特徴と言えるでしょう。使用すれば履歴が残る仕組みをしていて、発行されたタイミングまで確認できるのです。取引されるとそれが参加している人全員に公開される仕組みをしています。

購入したい場合は現金を使用してビットコインを買い付けるのです。

ビットコインの取引を知る

実際取引をするときはビットコインアドレスと専用のカギが必要になるのです。ビットコインアドレスはランダム性のある数字で構成されているのが特徴になります。カギはビットコインアドレスとは別の英数字列を使用しているのです。

双方とも取引をしている人にはわからないようにしています。送金元の方が送金先の人にビットコインを送ると、それらの情報はトランザクションブロックに記録されて成立するのです。

手数料は発生する場合もある

基本的に利用する時手数料が無料になるのがビットコイン取引です。しかしタイミングによっては取引手数料が発生する場合もあります。手数料自体は手動で設定できる仕組みをしているので、自分で支払うかどうかを選択できる仕組みです。

支払った場合トランザクションが優先される仕組みをしていて、ネットワーク確認がスムージになります。支払わないときはコスト削減できる反面、送金するまでの時間がちょっと長くなるのです。

普通のFXは異なる2つの通貨の値段を考えながら売買をします。ところがビットコインでFXするのはビットコインしか通貨が存在しません。簡単にいうと世界中の経済状態がビットコインの値段に反映するのです。