これだけはやってはいけない!信用取引の投資の仕方におけるタブーとは?

まずは信用取引がどのような取引かを十分知っておこう

株取引を行おうとした際、必ず耳にするのが「信用取引」と呼ばれる手法です。この信用取引とは、まず最初に証券会社から資金や株といった有価物を借用し、それを株取引の元手として投資を行う取引手法です。

株取引を行ったことが無い人の中には、わざわざ有価物を借りて株取引を行うことに意味があるのか疑問に思う人も多いことでしょうが、信用取引で損をした場合、借用した有価物の価値が毀損した分のみを補って返済できれば良いため、購入しようとする株価と同額の資金が必要な現物取引と比較して、もっと少ない資金で現物取引と同等の投資が行えるのです。

しかし、現物取引よりもメリットがあるのに相即するように、リスクも高まってきます。そのため、信用取引における投資には、現物取引以上に利益の確度が高い取引手法が求められます。

信用取引でやるべきではない投資方法とは?

信用取引には、少しでも利益を得る可能性が高いと客観的に判断される手法が必要になります。相場勘を用いた主観的な判断で利益を得ることも可能ですが、一時的な利益で信用取引が抱える構造的なリスクの全てを吸収することはできません。つまり、過去のデータから構築され、現在の相場に当てはめても利益が出る確度が高いという手法を手にするまでは、信用取引を行うべきではありません。

信用取引の投資には、他にも現物取引と組み合わせることで利殖の確度を高める手法などもあるため、そうした初歩的な投資方法でしっかり経験を積んでから信用取引による本格投資にのぞんでも、決して遅くはありません。

信用取引の費用は、証券会社によりますが手数料と、買うポジションの場合は金利、もしくは売るポジションの時の株貸料がかかります。ですので手数料プラス金利or手数料プラス貸株料を合わせて考えます。