信用取引を使った取引のメリットとデメリット

信用取引のデメリットとリスク

信用取引は証拠金以上の金額を一時的に証券会社に借りる形で取引するので、手数料がかかります。現物取引ではかからない手数料がかかるので、その分だけ利益が少なくなるデメリットがあります。信用取引を使う時に一番気をつけるのは証拠金以上の損失が出る可能性もあるという事です。多額の追証が発生して投資家がそれを払えないという事態は証券会社にとっても良い事ではありません。そのため損失が証拠金以上になる前に強制的に決済するシステムを採用している証券会社が多いです。ただしこのシステムは基本的に追証を発生させないというだけで、急激な株価の暴落などがあると対応しきれない事もあります。もし売り注文が間に合わずに追証が発生しても支払い義務はあるので、信用取引を利用する時のリスクマネジメントは大切です。信用取引を使う事で一時的な大きな株価の下落に耐えられない事もあるので、投資が難しくなります。そのため投資の経験が浅い場合は大きな倍率で信用取引を行わない方が良いです。

信用取引を利用するメリット

投資を行う上で資金が少ない事は大きなデメリットになります。資金が少ないとそれだけ投資の機会があっても投資する事ができずに投資機会を逃してしまうからです。信用取引を使用する事ができれば資金不足を理由に投資の幅を狭める事がなくなり利益をより大きくできます。また株式の取引で信用取引を使う事で手元に資金がなくても取引ができるので、資金を他の投資に回す事もできるので資金を効率良く使う事ができるようになります。

信用取引のメリットは自己資金の3倍の株を購入することができ、相場が落ち込んでいる時に売りから入る空売りができることです。